Evisen Skateboards

THE EVISEN TIMES EVISTAGRAM

Party report // “Yakaza Ensemble meets SYUNOVEN ” book release party

5月 2, 2012

ちょっと遅くなりましたが、先日中野でおこなわれた朱乃べんの個展と、画集”Yakaza Ensemble meets SYUNOVEN ” のリリースパーティーレポです

photo by Hirota
read more

 

New Night Prowler ver.3 on Bridge

5月 1, 2012

泣いても笑ってもこれが最後です!!

先月のFilmjamから始まり、先日の中野ヘビーシックでの試写会も多いに盛り上がったNew Night Prowler
最後の試写会場はEvisenのヘッドショップ MARUのスケートショップ Bridgeにて開催されます!New Night Prowler は8分程で、普段撮りためている映像ですが

TBPR のLENS 2 や、MXMXMのDVDに使用するためこのビデオの発売はいたしません。
youtubeにも載りません。

編集を新たに今回も一夜限りの試写会となりますので是非お見逃しなく!!
盛り上がること間違い無し!

Bridge

日時:5/4(金)
上映開始:19:00~
入場無料
 

EVI 新聞 号外!

4月 27, 2012

号外が発行されました〜!
read more

 

SYUNOVEN/朱乃べん × Evisen Skateboards

4月 23, 2012


 

Evisen Skateboardsから第3段のデッキを発表させていただきます。

前回に引き続きアーティスト・シリーズ第2弾となるのは

我々スケートボーダー、ライター、ペインター、デザイナー、音楽家…

何かを創造する人間にとって最も必要とされる オリジナリティーを手に入れた男。

ペインターSYUNOVEN/朱乃べん

 

SHIKISOKUZEKWU / シキソクゼクウ

2011年の梅雨の頃、震災直後の自分の気持ちを奮い立たせた作品。

一言で言えば、自身を自信する朱乃べんの小宇宙。

 

KWUSOKUZESHIKI / クウソクゼシキ

対象的に黒ベースで、デッキ全体に画が満ちている。

天上の完璧なバランスとして曼荼羅があるとしたら、地上は斑(まだら)それが美しいとか言いたいんじゃなくて、

ただそう在るそのことを見てる。無限の発想の反映。

 
 

唯一無二のスタイルで描き続ける彼の作品の根底にあるものはオモアンドキ。

OMOANDOKI / オモアンドキ とは『思わぬ時』という昔の東北地方の方言のことで、

妖怪が出るとされた昼と夜とが交差する黄昏時をさします。

 

妖術的な絵とは対照的に、どん底から抜け出す前向きな意識やメッセージ。

朱乃べんとEvisenの気概が一致し生まれた作品です。

 

SYUNOVEN / 朱乃べん : Skateboarder

1980 Aizu Fukushima / Sendai Miyagi

http://omoandoki.blogspot.jp/

 

FILM JAM

4月 20, 2012


緊急告知です!

read more

 
 
Latest Posts Archives